弁護士ブログ
ホーム  >  弁護士ブログ  >  交通事故(過失相殺)の話【No.5】

交通事故(過失相殺)の話【No.5】

2017.08.22|根石 英行

またこの過失相殺の延長上の考え方として,素因減額というものがあります。

これは怪我の場合に問題となるもので,被害者に何らかの病気や要因があって,それが事故によって発現することで,そういう素因がなければ治療が速く終わっていたとか,後遺症がそこまで悪くならなかったという場合には,そういう素因の基づく損害の全部を加害者が弁償する必要はない,というものです。

そういう素因が持病にまでなっていたら,ある程度減額されてもという考え方もありえるかと思うのですが,症状として発現しておらず,事故で症状がようやく出てきたとしても,減額できるというのが裁判所の考え方です,加齢による骨の変形は避けられず,それが病気と言えるまでになっていなくても,事故による痛みが悪化する原因となることは結構あるのです。

そういう場合にも痛みの全部が事故によるものであるとは言えない,というのもなかなか納得しにくいところですが,そういう扱いが裁判上認められています。

最新情報

2017.11.27

岡山県暴力追放・銃器根絶運動推進県民大会

2017.11.20

荒れる「士」業

2017.11.17

暴行と傷害の違い

2017.11.08

昭和45年の判例による解釈が変更される可能性も・・・

2017.11.01

東名高速のあおり運転での死亡事故

過去の記事

2015年12月

2016年1月

2016年2月

2016年3月

2016年4月

2016年5月

2016年6月

2016年7月

2016年8月

2016年9月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

2017年10月

2017年11月

タグ

中井克洋 根石英行 カープと私 交通事故 吉村友和 松田健 甲斐野正行 ゴルフ カープ 勉強会 民法 タトウー 中井弁護士 甲斐野弁護士 講演会 高次脳機能障害 交通事故(過失相殺) あおり運転死亡事故 交通事故(事故車について) 危険運転致死傷罪 強制わいせつ罪 東名高速交通事故 甲斐野

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png