弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  ペットの慰謝料

ペットの慰謝料

2017.06.06|中井 克洋

 

前回、うちにはトラというとても可愛い猫がいて私が溺愛しているという話をしました。

ペットに対しては誰もが強い愛情をもっているものですが、最近、自分が可愛がっていたプードルを動物病院で診てもらったところ、薬の処方を間違われて死んでしまった、何か法的手段を講じることはできないか、という相談を受けました。

そこで今回は、動物に対する愛着がどのように法的に保護されているか、あるいは人間と比べてどのような違いがあるのか、をお話したいと思います。

まず、私のように溺愛している者にとっては人間の子供と同じように思っていますが、ペットは法律的には人ではなく「物」という扱いになります。

例えば、もし他人が飼っているペットをわざと殺してしまえば、刑事事件になった場合、殺人罪(刑法199条)ではなく、器物損壊罪(刑法261条)になります。しかしわざとではなく誤って死なせてしまった場合には、人間のように過失致死罪(刑法210条)のような罰則はないので、刑事事件にはなりません。ですから、相談のような、ペットの医療過誤では刑事責任を問うことはできません。

では民事的にはどうでしょうか。

物を壊した場合、通常はその物の価格を弁償すれば気持ちが慰謝されるとして慰謝料が認められないのが原則です。例えば交通事故で愛着のある古い自動車が壊れた場合に、相手に慰謝料を請求しようとしてもなかなか認められません。かといって古い自動車は価値もほとんどないので、その価格分の賠償請求も満足できるようなものをもらえることは難しいところです。慰謝料も認められにくいので、泣き寝入りのようになることが多くなると思います。

これに対して、同じ物といっても、特別の愛着、深い敬愛、追慕の念などが当然付随することが通常である物については、慰謝料が認められやすくなります。

例えば、ペットショップで買ったのではなく、いわゆる野良の犬や猫をつれて帰って長い間飼っている間に愛着がわいた場合を考えてみましょう。売られているものではないので価格を賠償してもらうのは難しいですが、深い愛着があることが明らかな場合には慰謝料が認められやすくなります。

もちろん人に比べるとその慰謝料は格段に低いです。例えば交通事故などによって人が死亡した場合には2000万円~3000万円の範囲で慰謝料が認められますが、ペットの場合は裁判例などをみても全く認められないものから40万円くらいの慰謝料が認められたものまであります。

大切な存在だったものとの別れは本当につらいものですが、このように、ペットは他の「物」に比べると、慰謝料が発生するという点で、法律的にも飼い主の愛着が大切にされているのです。

以上

最新情報

2019.11.19

「沢尻エリカさん逮捕は安倍政権の陰謀??」

2019.11.18

賃金等請求権の消滅時効について【最終話】

2019.11.13

「池袋暴走事件-被疑者を逮捕しないのはおかしい?」

2019.11.11

賃金等請求権の消滅時効について【№2】

2019.11.06

賃金等請求権の消滅時効について【№1】

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

2019年1月

2019年2月

2019年3月

2019年4月

2019年5月

2019年6月

2019年7月

2019年8月

2019年9月

2019年10月

2019年11月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 うちの女 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 危険運転致死傷罪で有罪判決 周南事務所 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 東名高速のあおり運転での死傷事故 神奈川県警人工知能AI 裁判手続のIT化 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 KADOKAWA 「エースをねらえ」 あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 カープ優勝 ガキ使  セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ヌーハラ パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 世界の終わりに柴犬と 交通事故(事故車について) 修繕義務 個人情報保護 債権法 働き方改革 僧衣を着て車を運転 医師応召義務 危険運転致死傷罪 大デュマ 大坂なおみ 巌窟王 差別 広大 Ai導入 強制わいせつ罪 支払義務 改正個人情報保護法2条 東名高速交通事故 根保証 民法611条1項 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 石原雄 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 賃貸借契約 身元保証 運転操作に支障がある衣服 過労死 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする 3連覇 4コマ漫画 Ai CT JKと柴犬のハルさん MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png