• 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 活動報告
  • 事業所概要
弁護士ブログ

東名高速のあおり運転での死亡事故

2017.11.01|甲斐野 正行

今年6月5日に神奈川県大井町の東名高速道路

で、加害者が被害者に注意され「むかついて」被害

者の車の進路を塞ぎ、追越し車線で無理やり停止さ

せた上、自ら降車して被害者の車のドアを開けさせ、

被害者を車外に引きずり出そうとしていたところ、

被害者の車に後続のトラックが追突して被害者と

同乗していた奥さんが亡くなり、同乗していたお嬢

さん2人も軽傷を負った事件。その悪質さから、社

会的に大きく議論を呼びましたが、今日(10月3

1日)、横浜地検は、加害者を「危険運転致死傷罪」

で起訴したとの報道がありました。

議論を呼んだのは、逮捕容疑が自動車運転死傷行

為処罰法の「過失運転致死傷罪」という法定刑が比

較的軽い罪(7年以下の懲役もしくは禁錮、又は1

00万円以下の罰金)で、その行為の悪質さと生じ

た結果の重さに見合わないという素朴な感覚によ

るのでしょう。

テレビのコメンテーターの中には、「自動車運転

過失致死傷罪」より罰則の重い殺人罪(死刑又は無

期若しくは5年以上の懲役)や自動車運転処罰法の

「危険運転致死傷罪」(致死罪なら1年以上の有期

懲役で上限は20年、致傷罪は15年以下の懲役)

の適用をいう方もおられました。

 殺人罪という構成ですと、加害者が初めから被害

者の車を無理矢理停車させて、後続車に追突させて

死亡させるつもりで行動したか、少なくともその危

険な運転で被害者の運転を誤らせて死亡させるつ

もりだった(たまたま被害者が運転を誤らずに停止

した後、後続車が追突して死亡したのは因果関係の

錯誤として処理しきれるかは疑問ですが)というと

ころが必要になりますから、これは停止後の加害者

の行動からしても、さすがに無理筋で考えにくいと

ころです。

しかし、危険運転致死傷罪はどうか、は法律家的

には結構悩ましい感じです。というのも、ぶっちゃ

け、危険運転致死傷罪は、もともと法律としての出

来がよいとはいえず、解釈運用が難しいものだから

です。

自動車の運転で必要な注意を怠り、人を死傷させ

た場合は「過失運転致死傷罪」であり、これは故意

ではない過失犯です。これに対し、「危険運転致死

傷罪」は「アルコールや薬物の影響により正常な運

転が困難な状態で自動車を走行」(飲酒運転致死傷

罪)したり、「妨害目的で走行中の車の直前に進入

したり、著しく接近したりすると同時に、重大な危

険を生じさせる速度で自動車を運転」(妨害運転致

死傷罪)するなどの(それ自体は故意の)行為によ

って、人を死傷させた場合と定められており、強盗

致死傷罪や傷害致死罪と同様に、故意の基本的犯罪

によって、犯人が本来想定していない重い人の死傷

結果が生じた場合に重く罰する犯罪類型の形をと

っています。

ただ、危険運転致死傷罪は、危険な運転による死

傷事件を重く罰するために制定を急いだせいか、対

象となる行為が何なのかがわかりやすいような形

でうまく規定できたとはいえませんでした。対象と

なる行為を特定しようとしてかえって「正常な運転

が困難な」とか、「重大な危険を生じさせる」とか、

人によって評価が分かれる要件を入れてしまった

ために、余計に運用しにくくなったのです。その結

果、こうした曖昧なところが残る刑罰法規について

は、法律家はどうしても及び腰になり勝ちで、その

要件に当たるかどうかを厳格に考えることになり

ます。

平成18年825日に福岡で起きた、一家5人

が乗っていた乗用車が、福岡市勤務の加害者が飲酒

運転する乗用車に海の中道大橋で追突されて、博多

湾に転落して幼い子3人が死亡し、夫婦2名が負傷

したという事件では、危険運転致死傷罪(当時はま

だ自動車運転処罰法として独立に定められておら

ず、刑法208条の2第1項前段)で起訴されたの

に対し、一審は「正常な運転が困難な」に当たらな

いとして危険運転致死傷罪の成立を否定し、業務上

過失致死傷罪の成立を認めるにとどめました。これ

に対して、検察側が控訴し、控訴審は、危険運転致

死傷罪の成立を認め、この結論は最高裁でも維持さ

れました。しかし、当時の法律家の感覚では、一審

の判決は決して奇異なものではなく、そうだろうな

あ、という感想を持った人も多かったように思いま

すし、最高裁でも、この件では危険運転致死傷罪は

成立しないという少数意見もあったのです。

ただ、いずれにしても、このようなわかりにくい

ところがある罰則は、事案を積み重ねて予見できる

ような類型化をしていくか、わかりやすくするよう

に改正していくことが必要です(危険運転致死傷罪

はその後特別法である自動車運転処罰法として刑

法と独立に規定し直され、対象となる行為の類型化

もされています。)。

さて、今回の東名高速の事件では、福岡の事件と

異なって、「正常な運転が困難」という評価の入る

要件の解釈の問題ではありません。何が問題かとい

うと、妨害運転「によって」人が死傷したの、「に

よって」とはどんな場合か、という点で、因果関係、

あるいは、この罰則がどんな場合を想定しているか、

というそもそも論に関わる問題です。

加害者が前方に割り込むなどしたことが「妨害運

転」に当たることは明らかであり、そのために、被

害者が運転を誤って事故を起こして死傷したとい

うのなら、わかりやすかったのです。ところが、本

件は、妨害運転の結果、被害者も加害者も一旦停止

し(その時点では死傷結果は生じていない)、加害

者が降車し、被害者を引きずり出そうとしていると

ころへ、後続車が衝突したという流れでした。直接

事故を起こしたのは後続車ですし(ただし、報道は

されていませんので、後続車の運転手の方に過失が

あったというわけではありません。この点はご注意

ください。)、加害者が一旦降車して被害者に暴行
振るうなかで、つまり、加害者が運転していない
かでの事故ですから、「妨害運転」から死傷結果
生じたのではないのではないか、あるいは、そも
も危険運転致死傷罪の妨害行為は走行中の車に限

定され、妨害行為で直接起きる事故を想定している

と解すべきではないか、という疑問があるためです。

妨害運転と事故との間に、一旦停車して加害者が降

車し、被害者を引きずり出そうとしていたという中

間の行為が挟まっているのが、どうにも悩ましいと

いうところです。

危険運転致死傷罪の適用について厳格に考えよ

うとすると、その中間の行為故に危険運転致死傷罪

は成立しないと解すべきかもしれません。

ただ、「によって」が因果関係の問題だとすれば、

妨害運転がなければ、被害者が高速道路上で停止す

ることもなかったはずで、事故も起こっていないは

ずともいえます。それではさすがに因果関係が広が

りすぎるとしても、高速道路上で被害者に対する理

不尽な怒りから妨害運転をして停車させた上、降車

後もその怒りが収まらず、高速道路上という場所の

危険を顧みずに被害者に暴行に及んでいることは、

運転それ自体ではなくても、道路交通法上問題のあ

る行為ですから、妨害運転の延長線上の行為であり、

運転それ自体と一体のものと評価すれば、妨害運転

行為は高速道路上で被害者を引きずり出そうとし

ているところまで伸びて、事故と直接リンクできま

すから、因果関係の問題はクリアできそうです。な

お、後続車も死傷結果に因果関係がありますが、両

方が重なって一つの事故として現れることは普通

の交通事故ではよくあり、両方がなければ死傷結果

は発生していませんから、加害者の妨害運転と死傷

結果との因果関係については後続車による追突自

体は邪魔にはなりません。そうした構成も理屈的に

はアリではないか、とも思われます。

今回、横浜地検は、そうした考えから、危険運転

致死傷罪で起訴することにしたものと思われます。

福岡の事件の場合と同様、裁判所の判断が試され

ているといえ、今後の裁判の進行が注目されます。
                    以 上

最新情報

2021.10.18

「同一労働同一賃金の原則⑤~住居手当と家族手当 パート2」

2021.10.11

「同一労働同一賃金の原則⑤~住居手当と家族手当 パート1」

2021.10.07

「真鍋先生、ノーベル物理学賞受賞おめでとうございます!間に合って良かった(T_T)」

2021.09.30

「さいとう・たかを先生安らかに(T_T)」

2021.09.27

悪質クレーム(不当要求)と民事不介入の原則 ④

過去の記事

2020年07月

2020年08月

2020年09月

2020年10月

2020年11月

2020年12月

2021年01月

2021年02月

2021年03月

2021年04月

2021年05月

2021年06月

2021年07月

2021年08月

2021年09月

2021年10月

タグ

甲斐野正行 中井克洋 根石英行 カープ 新型コロナ 松田健 吉村友和 交通事故 配偶者居住権 川崎智宏 勉強会 改正相続法施行 カープと私 働き方改革 パワハラ 悪質クレーム カスハラ 公職選挙法違反 令和 配偶者短期居住権 連座制 民法 同一労働同一賃金 河井案里さん 改正債権法 セクハラ 有期労働者法 節分 裁判員制度 修道学園 刑事手続 甲斐野弁護士 刑事手続のオンライン化 河井克行 IT化 河井案里 抗菌化スプレー 入学式 十三参り 卒業式 裁判手続のIT化 法輪寺 3つのe 虚空蔵菩薩 Ai ヌーハラ 阪神淡路大震災 イータック Microsoft Teams 法改正 バイクあおり事故 うちの女 議員報酬 立行事セクハラ 成年後見仕事 東京オリンピックのマラソン日本代表選考会 ホンマでっか!?TV 東京高裁昭和39年6月29日判決 毎日新聞 厄年 陰謀史観 KADOKAWA 法務局における遺言書の保管等に関する法律 タカラヅカ 北海道神宮 リモートの花見 加害男性を懲役16年 民事裁判手続のIT化 経過措置 自筆証書遺言にかかる遺言書保管制度 成年後見制度 谷本観月選手 ドラフト会議 福井県警 アヲハタ 岡崎神社 上級国民 世界の終わりに柴犬と 遺留分の見直し パワハラ防止法 「令和」を商標登録 修繕義務 リモート法律相談 ゴルフ 市川海老蔵 広島修道大学第55回同窓大会 遺言 成年後見欠格条項 MGC出場資格 支配下 福井県道路交通法施行細則の服装規定 常磐自動車道で発生したあおり運転殴打事件 124年ぶりに2月2日 池袋暴走事件 石原雄 「エースをねらえ」 予科生 商号 支払義務 道真忌 福井県の公安委員会 急性咽頭炎 広島新庄高校 遺言書保管制度 マスク着用 新潟・山形地震 育成枠 衣服規制削除 リクルートキャリア 唐獅子源氏物語 飯塚幸三元院長 4コマ漫画 セリーナ・ウィリアムズ選手 宝塚歌劇団 商標審査基準 民法611条1項 ブロック塀 福井県道交法施行細則の規定に違反 歌舞伎座『七月大歌舞伎』 避難所の環境改善 正絹 相続法制の見直し ドラフト 広島大学大学院 医歯薬保健学研究院の二川浩樹教授 個人情報保護法 小林信彦さん 東須磨小学校の教師間のパワハラ JKと柴犬のハルさん 大坂なおみ 本科生 公職選挙法違反(買収)罪 商標法3条1項6号 災害家賃 札幌地裁エイズウイルス(HIV)感染 福島県沖の地震 細則16条3号 緒方監督パワハラ オリンピック コロナ感染 法服 預貯金払戻制度 右腓骨筋腱腱鞘形成術 文部科学大臣表彰 行動ログ 恵方巻 激辛カレーパワハラ 僧衣を着て車を運転 Doing Business ロッテ 河井 広大 Ai導入 商標登録 広島東洋カープ 賃貸借契約 ドーハで行われた世界陸上の女子マラソン 刑集 細則の合憲性 佐々木朗希投手 パラリンピック 裁判官の制服に関する規則 危険運転致死傷罪で有罪判決 NBAのドラフト会議 大瀬良投手 サクラ 萩生田大臣の「身の丈」発言 運転操作に支障がある衣服 未来投資戦略2017 溝手 二岡康平選手 天満屋女子陸上部所属の谷本観月選手 最高裁判所裁判集民事 罪刑法定主義・明確性の原則 夏の甲子園岩手県大会 人権デューデリジェンス 東名高速のあおり運転での死傷事故 ゴンザガ大学 鈴木誠也選手 埼玉県人にはそこらへんの草でも喰わせておけ! マスク IT化検討会 公選法違反 繰り上げ当選 CT 修道学園OB ノーベル化学賞 民集 運転操作時の服装 大船渡高校 建国記念の日 債権法 ワシントン・ウィザーズ 法律事務所 攻殻機動隊 入城400年記念 広島浅野家の至宝 ―よみがえる大名文化― 桜を見る会 旧パートタイム労働法 はい、終わり カープ優勝 参議院広島県選挙区 かわいがり MRI 甲斐野正行 IT裁判 IT 天満屋女子陸上部 リチウムイオン電池 ハコヅメ~交番女子の逆襲 最速163キロの速球 津田真道 沢尻エリカ 根保証 八村塁選手 疫病退散 翔んで埼玉 広島県立美術館 旧労働契約法20条 ドライブレコーダー 3連覇 相撲協会セクハラ 山縣亮太選手 吉野彰 泰三子 朝日新聞 沢尻エリカさんが合成麻薬所持の容疑で逮捕 身元保証 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律 コンプライアンス 麻美麗 改正債権法施行 タトウー 線維筋痛症 法定利率 定型約款 モンテ・クリスト伯 差止請求制度 人工知能 百日裁判 難病指定 IT モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- インフルエンザ 改正民法548条の2第2項 中間利息控除 匿名加工情報 あおり運転死亡事故 縮景園 IT裁判 大デュマ コロナウイルス 周南事務所 改正消費者契約法 改定債権法 神奈川県警人工知能AI EU個人情報 啓蟄 フェーズ1 巌窟王 感染症対策 消費者団体訴訟制度 NHK受信契約 インディアンスロゴ廃止 危険運転致死傷罪 個人情報保護 暖冬 KEIKO 高次脳機能障害 消費者契約法 NHK受信料 ガキ使 強制わいせつ罪 改正個人情報保護法2条 衣笠 小室不倫 適格消費者団体 NHK裁判 差別 東名高速交通事故 SNS上の誹謗中傷 鉄人 小室引退 DeNA 甲斐野 テラスハウス 鉄人衣笠 医師応召義務 平成 パーキンソン病 NHK受信料判決 アナウンサー テラハ 所有者不明土地問題 訴状等ネット提出検討 過労死 昭和 認知度 NHK合憲 レディー・ガガ 立行司懲戒処分 プロバイダ責任制限法 民法及び不動産登記法の改正について モバゲー 遅延損害金 難病 NHK裁判判決 八木亜希子 麺すする 木村花さん モバゲー規約、一部差し止め ディーン・フジオカ ディープラーニング 高次脳機能障害 広島地裁 慢性疾患 発信者情報開示請求 交通事故(過失相殺) 交通事故(事故車について) T化 中井弁護士 テスト 講演会

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
【広島事務所】
 〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
 NTTクレド白島ビル8F
 ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
 受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00

【周南事務所】
 〒745-0005
 山口県周南市児玉町2丁目5番1号
 三星兒玉ハイツ1-D
 ico_tel.png 0834-34-1645 ico_fax.png 0834-34-1646
 受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00

※オンライン相談にも対応しております。

side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png