• 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 活動報告
  • 事業所概要
弁護士ブログ

暴行と傷害の違い

2017.11.17|松田 健

「日馬富士 貴ノ岩に暴行疑惑 ビール瓶で殴打」「鳥取県警、傷害容疑での立件可否を検討」などという報道が世間をにぎわせています。

 せっかくの機会なので、この手の報道でよく出てくる「暴行」と「傷害」という言葉の法律的な意味について少しお話ししたいと思います。

 

 日本の刑法には暴行罪という罪と傷害罪という罪があります。

そして、簡単にいうと、「暴行」をした結果、相手が「傷害」を負ったら傷害罪、「傷害」を負わなかったら暴行罪になります(厳密には、例外もありますが、それについてはあとでお話しします)。

 

では「暴行」とは何かというと、

 

「人の身体に対する不法な有形力の行使」

 

をいうとされています。

難しい言葉を使っていますが、要は、人に対して物理的に危害を加える行為のことです。

人を殴ったり、蹴ったりする行為が典型ですが、直接相手の体に接触しなくてもよいとされていますので、狭い室内で脅かす目的で日本刀を振り回す行為なども「暴行」にあたるとされています。

 

そして、この「暴行」の結果、相手が「傷害」を負ったら傷害罪が成立する訳ですが、この「傷害」というのは、

 

「身体の生理的機能の傷害」

 

をいうとされています。

これも難しい言葉を使っていますが、簡単にいうと、人の体が本来持っている機能が失われたこと、というくらいの意味でしょうか。

分かりやすい「傷害」は、骨折や打撲などの怪我ですが、この他にも例えば、めまいや失神、病気の罹患、PTSD(外傷後ストレス障害)なども「傷害」にあたるとされています。

 

したがって、例えば、相手を殴るという「暴行」を加えた結果、相手が骨折等の「傷害」を負えば、傷害罪になり、「傷害」を負わなかった場合(例えば頬を平手打ちしたような場合)には暴行罪になるわけです。

 

今回の日馬富士のケースがどうかというと、その後「ビール瓶では殴っていない」とか「骨折はなかった」というような報道も出て情報が錯綜しており、事実関係がよく分かりませんので、現時点ではなんともコメントのしようがない、というのが実際のところです。

 

以上が原則ですが、例外として、「暴行」がなくても傷害罪が成立する場合があります。

たとえば、いやがらせ電話を架けて相手を精神衰弱症にしたり、長期間にわたってラジオや目覚まし時計のアラーム音を大音量で流し続けて相手を慢性の頭痛症にしたような場合です。

この場合、いやがらせ電話を架けることや、ラジオや目覚まし時計のアラーム音を大音量で流し続けることは、「人の身体に対する不法な有形力の行使」ではないため「暴行」にあたりませんが、精神衰弱症、慢性の頭痛症などの「傷害」を生じさせているので、傷害罪が成立する訳です。

同様に、性病であることを隠して性交して相手に病毒を感染させた場合も、「暴行」の事実はありませんが、病毒の感染という「傷害」を発生させているため傷害罪が成立する場合があります。

最新情報

2022.11.17

当事務所が紹介されました。

2022.09.06

当事務所が紹介されました。

2022.07.28

記事の監修を行いました

2022.05.25

「5月~端午の節句~離婚後の子の監護」

2022.05.24

「オンラインで事務所勉強会再開~同一労働同一賃金」

過去の記事

2021年05月

2021年06月

2021年07月

2021年08月

2021年09月

2021年10月

2021年11月

2021年12月

2022年01月

2022年02月

2022年03月

2022年04月

2022年05月

2022年07月

2022年09月

2022年11月

タグ

甲斐野正行 その他 中井克洋 根石英行 吉村友和 川崎智宏 松田健 交通事故 勉強会 民法 刑事 相続 裁判手続IT化 IT化 民事 遺言 成年後見 周南事務所 債務整理 離婚 企業法務 講演会

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
【広島事務所】
 〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
 NTTクレド白島ビル8F
 ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
 受付時間:月〜金曜 8:00〜18:00

【周南事務所】
 〒745-0005
 山口県周南市児玉町2丁目5番1号
 三星児玉ハイツ1-D
 ico_tel.png 0834-34-1645 ico_fax.png 0834-34-1646
 受付時間:月〜金曜 8:00〜18:00

※オンライン相談にも対応しております。

side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png