弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「成年後見になると仕事ができない?」

「成年後見になると仕事ができない?」

2018.01.11|甲斐野 正行

成年後見制度も20004月に始まってもう18年が経ち、かなり一般化してきたかと思いますが、他方で、考えないといけないことも結構出てきました。

その重要な一つが成年被後見人の欠格条項です。

昨日(2018110日)のニュースで、この「欠格条項」によって警備員の仕事を失った岐阜県の男性が、警備業法の規定が法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、今日にも国に賠償を求める訴えを起こすという報道がされていました。

 

各種法律で成年後見が開始されると、できないこと、あるいは、就くことができない職業・職務が定められており、これを欠格条項といいます。

例えば、

1 憲法上の権利に関わるものとして、成年被後見人は、公職選挙法では、選挙権及び被選挙権を有しないとされていました(旧公職選挙法1111号)。これに伴って、最高裁判所裁判官国民審査法では、衆議院議員の選挙権を有する者が権利者として定められているため(同法4条)、最高裁判所裁判官の国民審査権を有しないものと扱われ、さらに、昨今議論が多い憲法改正の国民投票の投票権も有しないとされていました(旧日本国憲法改正の手続きに関する法律4条)。

2 また、職業選択の自由に関わるものとして、会社法上、成年被後見人又は被保佐人は、取締役(会社法33112号)、監査役(同法3351項)、執行役(同法4024項)となることができません。 

  公務員についても、成年被後見人又は被保佐人は、国家公務員(国家公務員法381号・76条)、地方公務員(地方公務員法161号、284項)になることができないとされています。

  また、職業というわけではありませんが、成年被後見人又は被保佐人は、信託における受託者になることができません(信託法7条)。

3 さらに、国家資格に関わるものとして、成年被後見人又は被保佐人は、公認会計士(公認会計士法41号)、税理士(税理士法412号)、弁護士(弁護士法714号)、司法書士(司法書士法52号)、医師(医師法3条)、薬剤師(薬剤師法4条)、建築士(建築士法72号)等になることができません。

4 また、成年被後見人又は被保佐人は、建設業(建設業法8条、17条)、旅行業(旅行業法615号)等を営むために必要な許認可がされないものとされています。

5 そして、このニュースとなった警備関係では、成年被後見人又は被保佐人は警備業を営むことができないし(警備業法31号)、警備員になることもできない(同法141項)とされているため、この方は警備員の仕事を失ったということなのでしょう。

 

これらの制限は、成年被後見人は、自分の行為の結果について合理的な判断をする能力のないこと(被保佐人は、その判断能力が著しく不十分であること)に由来するものですが、ノーマライゼーション(高齢者や障害者などを施設に隔離せず、健常者と一緒に助け合いながら暮らしていくのが正常な社会のあり方であるとする考え方) の流れの中で、果たして成年被後見人であることで全くその仕事から排除してしまうことがどれだけ合理性を持つのか?という声が強まっています。

また、このような欠格事由を設けることで、仕事を失いたくない方は成年後見制度を利用することを躊躇することになり、かえって障がい者保護に反することになりかねません。障がい者の自立支援をする一方で、こうした欠格事由により職業・職務の制限をするのは矛盾をはらむといえます。交通事故等により障がいを持つ方々と接する機会が多い私としては、こうした制約を減らして、成年後見を使いやすくしてほしいという気持ちがあります。

選挙関係については、既に平成25年に成年被後見人の選挙権を制限していた旧公職選挙法が憲法違反とする判決が出され、これを踏まえて、成年被後見人を欠格事由としていた公職選挙法や日本国憲法改正の手続きに関する法律の規定が改正されています。

 

もちろん、職業によっては、第三者の生命・身体・財産等を大きく損なうおそれがあるものもあり、判断能力が十分でない方が就くことを制限するというのもやむを得ない面があるのですが、職種や分野によっては、本当に欠格とすることが合理的なのかをもっときめ細かく検討することが必要な時期に来ていると思います。 

                                                                                        以 上

最新情報

2018.09.18

「裁判手続のIT化 -パート1」

2018.09.13

「エースをねらえ」

2018.09.06

特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~③

2018.09.05

特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~②

2018.08.27

「健康で文化的な最低限度の生活」

過去の記事

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 カープと私 交通事故 民法 川崎智宏 甲斐野正行 ゴルフ カープ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 神奈川県警人工知能AI AI あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 ガキ使  ヌーハラ パーキンソン病 交通事故(事故車について) 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 差別 強制わいせつ罪 東名高速交通事故 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 訴状等ネット提出検討 認知度 過労死 難病 麺すする NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png