• 業務内容
  • 弁護士紹介
  • 活動報告
  • 事業所概要
弁護士ブログ

自筆証書遺言の方式-花押は駄目!とされた背景は?【№2】

2016.06.13|甲斐野 正行

(前回に続き)

  判例が認めてきた押印要件の緩和は、「指印」(最判平成元年216日民集43245頁)であったり、遺言書自体には押印はないが、遺言書を入れた封筒の裏面に氏名の自署と封じ目2箇所に押印がされた事案(上記最判平成6624日)であったりで、ともかくなにがしかの形で押印があるといえる事案でした。

まあ、それでも、遺言者の同一性と真意の確保という観点からは、花押でも賄えるじゃないか、という見方ができるでしょうが、本件最判が問題にしたのは、「民法9681項が,自筆証書遺言の方式として,遺言の全文,日付及び氏名の自書のほかに,押印をも要するとした趣旨は,遺言の全文等の自書とあいまって遺言者の同一性及び真意を確保するとともに,重要な文書については作成者が署名した上その名下に押印することによって文書の作成を完結させるという我が国の慣行ないし法意識に照らして文書の完成を担保することにあると解される」という点です。換言すると、押印がないと、その文書は完成したものとはいえない(可能性がある)、下書きと完成品の区別ができない、ということです。

指印による自筆証書遺言の有効性を認めた上記最判平成元年216日は、「いわゆる実印による押印が要件とされていない文書については、通常、文書作成者の指印があれば印章による押印があるのと同等の意義を認めている我が国の慣行ないし法意識に照らすと、文書の完成を担保する機能においても欠けるところがない」としていて、我が国の慣行ないし法意識によれば、指印はこの区別をする機能があるとしたのですが、本件最判は、花押については、「我が国において,印章による押印に代えて花押を書くことによって文書を完成させるという慣行ないし法意識が存するものとは認め難い。」としたわけです。

 

この点は、指印と花押の社会的な位置づけや意識の違いと考えられますが、それ以前の問題として、自筆証書遺言について押印を不要とする案が改正作業で検討されたこととの関係で本件最判は前提がおかしいのではないか?という疑問も出てくると思います。

 

そこで、法制審議会の議論を追ってみますと、法制審議会民法(相続関係)部会第9回会議(平成28119日開催)の部会資料9(http://www.moj.go.jp/content/001172185.pdf)では、「部会資料5では,自筆証書遺言の方式のうち押印を不要とすることも提案していたが,この点については,押印は遺言書の下書きと完成品を区別する上で重要な機能を果たしており,これを不要とすることは必ずしも相当でないとの指摘がされた。これらの指摘を踏まえ,本部会資料では,押印を一律に不要とする考え方は採らないこととしている。」とあります。

つまり、平成2798日開催の第5回会議で提案された、押印の不要化案は、平成28119日開催の第9回会議に至るまでの会議において、遺言書の下書きと完成品を区別するという観点から相当でないとされ、採用されないことになったということです。

   推測ではありますが、立法論とはいえ、この法制審議会での議論については、最高裁も注視していたはずで、この議論の流れが、押印の不要化に傾いていれば、本件最判の押印の役割に関する上記の指摘は根拠が乏しいことになりますから、逆の結論の判決もあり得たのではないか、という気がします。
  その意味では、一、二審の担当裁判官は運が悪かったのかもしれません。もちろん、逆転敗訴した当事者もです。


以 上
 

最新情報

2023.01.31

記事の監修を行いました

2023.01.23

債務整理をするとどうなる?~自己破産に関する誤解について~

2022.11.17

当事務所が紹介されました。

2022.09.06

当事務所が紹介されました。

2022.07.28

記事の監修を行いました

過去の記事

2021年06月

2021年07月

2021年08月

2021年09月

2021年10月

2021年11月

2021年12月

2022年01月

2022年02月

2022年03月

2022年04月

2022年05月

2022年07月

2022年09月

2022年11月

2023年01月

タグ

甲斐野正行 その他 中井克洋 川崎智宏 根石英行 吉村友和 松田健 交通事故 勉強会 民法 刑事 相続 裁判手続IT化 IT化 民事 遺言 企業法務 成年後見 周南事務所 債務整理 離婚 講演会

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
【広島事務所】
 〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
 NTTクレド白島ビル8F
 ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
 受付時間:月〜金曜 8:00〜18:00

【周南事務所】
 〒745-0005
 山口県周南市児玉町2丁目5番1号
 三星児玉ハイツ1-D
 ico_tel.png 0834-34-1645 ico_fax.png 0834-34-1646
 受付時間:月〜金曜 8:00〜18:00

※オンライン相談にも対応しております。

side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png