弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  交通事故(車の損傷にまつわる賠償)の話【No.3】

交通事故(車の損傷にまつわる賠償)の話【No.3】

2016.07.12|根石 英行

    1.  ところで、修理するより安い値段で同じ程度の中古車が買えるから、というのが賠償の基本的な考え方ならば、加害者側で事故に遭ったのと同じ程度の中古車を捜して買ってきてもらって取り替えてほしい、という希望を持つ方もいます。

    2.  しかし、これも民法の考え方にはそぐわないものです。交通事故で被害者が加害者に要求できることは法律では限られていて、それは金銭賠償しかないのです。

    3.  要するに車を直してくれとか、同程度の車に替えてくれとか原状回復を直接加害者に要求することを法律では認めていないので、加害者は被害者にお金を払えばよいし、それ以外のことをする必要はないのです。

    4.  同じことは、加害者に対する謝罪の要求にも言えます。「事故を起こしといて謝りにも来ない」これも被害者として当然のお気持ちですが、裁判所に「加害者が謝りに来ることを求める」と訴えても応えてはくれません。

    5.  交通事故の加害者に謝罪することを民法は求めていないので、法律に書いていないことはできないのです。

      なお最近は、加害者が入っている任意保険に特約として「対物超過修理費用」の補償というのが付けられているものがあります。

    6.  被害者の修理費が、時価額超えた場合、修理費と時価額との差額の内の一定額を補償してくれるものです。これは経済的全損が問題になると交渉が長引くことが多いので、それを避ける為に設けられた保険です。

    7.  このような保険に加害者が入っていればよいのですが、入っていなければ被害者側に修理代の手出しという問題が生じてしまうことは避けられないのです。

  1.                                     (第一回おわり)
最新情報

2018.12.14

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№3】

2018.12.07

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№2】

2018.11.29

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№1】

2018.11.15

「刺青彫り師・逆転無罪・高裁判決」

2018.11.12

「裁判手続のIT化-パート3」

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 カープと私 交通事故 民法 川崎智宏 甲斐野正行 ゴルフ カープ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 神奈川県警人工知能AI AI あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 ガキ使  ヌーハラ パーキンソン病 交通事故(事故車について) 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 差別 強制わいせつ罪 東名高速交通事故 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 訴状等ネット提出検討 認知度 過労死 難病 麺すする NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png