弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  昭和45年の判例による解釈が変更される可能性も・・・

昭和45年の判例による解釈が変更される可能性も・・・

2017.11.08|根石 英行

13歳以上の者に対して暴行または脅迫を用いてわいせつな行為を行った場合は、6月以上10年以下の懲役が科せられます。13歳未満の者にわいせつな行為を行った場合も同様です(刑法176条)。

わいせつな行為とは、簡単に言うといやらしい行為ですが、それは被害者にとって性的な自由を侵害し、他人が見ても性的な羞恥心を覚えさせるような行為と言えるだけではなく、行為者についても自分の性欲を興奮させたり満足させたりするという性的な意図が必要であるというのが最高裁判所の判例による解釈でした(昭和45年1月29日判決)。この性的な意図は、自分が行っている行為についての認識、例えば被害者の体の一部を触っているという認識(故意)に加えてさらに必要なものであり、それによって、同じ体を障る行為であっても介護や医療行為でする場合はわいせつ行為にはならない、と説明されています。昭和45年の判決は、脅かして女性を裸にして写真を撮った、という事件ですが、その目的が女性への報復や嫌がらせということであって性的な意図はなかったとされたので、強制わいせつ罪にならない、とされたものです。

 この性的な意図についての判例の解釈が変わるかもしれません。

今回の事件は、13歳未満の女児の体を触っている様子を携帯電話で撮影したことが強制わいせつ罪に問われたものです。被告人は、知人から金を借りる条件として、わいせつな画像を送るように言われてやったもので、性的な意図はなかったと弁解していましたが、大阪高裁の判決は、客観的に被害者の性的自由を侵害する行為がなされ,犯人がその旨を認識していれば,性的意図が認められないにしても,強制わいせつ罪が成立するとしたため、これまでの最高裁の判例に違背するとして上告されたものです。

 この事件の最高裁の上告審の弁論がさる10月18日に開かれました。弁論は15人の裁判官全員の参加による大法廷で開かれましたが、大法廷は判例を変更する場合などに開催されることから、昭和45年の判例による解釈が変更される可能性が高まったと言えます。(http://www.sankei.com/affairs/news/171018/afr1710180018-n1.html

 性的な意図が必要であるとして強制わいせつ罪の成立範囲を狭めようという考えもありますが、介護や医療などの行為とわいせつ行為を区別するためには意図だけではなく行為の外形的な状況から区別することも可能でしょうし、被害者保護の観点からは、被害者の性的自由が侵害されているかどうかが重要なので、犯人に性的な意図がなければ強制わいせつ罪にならないというのは被害者保護に欠けるとも言えます。なお、性的な意図がなくて強制わいせつ罪にならなないとしても、今回のような行為が直ちに犯罪にならないわけではありません。

 いずれにしても、年内にも出される可能性がある最高裁判所の強制わいせつ罪についての判断が注目されます。

最新情報

2018.12.14

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№3】

2018.12.07

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№2】

2018.11.29

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№1】

2018.11.15

「刺青彫り師・逆転無罪・高裁判決」

2018.11.12

「裁判手続のIT化-パート3」

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 カープと私 交通事故 民法 川崎智宏 甲斐野正行 ゴルフ カープ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 神奈川県警人工知能AI AI あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 ガキ使  ヌーハラ パーキンソン病 交通事故(事故車について) 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 差別 強制わいせつ罪 東名高速交通事故 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 訴状等ネット提出検討 認知度 過労死 難病 麺すする NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png