弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「HIV感染不告知を理由とする内定取消し違法-札幌地裁」

「HIV感染不告知を理由とする内定取消し違法-札幌地裁」

2019.09.19|甲斐野 正行

  北海道男性が採用面接においてエイズウイルス(HIV)感染を告げなかったことを理由に、病院のソーシャルワーカー採用内定を取り消されたことによる慰謝料を病院を経営する社会福祉法人に請求していた事件で、今月17日に札幌地裁が、社会福祉法人に慰謝料165万円の支払を命じたという報道がありました。

 

 札幌地裁は、事業者が職員採用に当たってHIV感染の有無を確認するのは許されないとして内定取消しを違法とし、また、病院側が、男性のHIV感染を、男性が以前受診した際のカルテから把握したことも医療情報の目的外使用で違法であると判断したということです。

 

 これについては、もしかしたら、HIVのような怖い病気に感染しているかどうかを確認したらいけないのか!?と驚かれる方がまだおられるかもしれませんね。

 

 HIVについては、今年映画で大ヒットしたクイーンのボーカル フレディ・マーキュリーなど、その発見・蔓延当初の被害が劇症でひどかったことから、そのイメージがいまだに残っているように思われます。

 

 しかし、HIV治療は急速に進歩し、HIV治療薬の投与によりウィルス量を抑制すると、多くの場合、いったん低下した免疫力が回復することが明らかとなっており、HIV専門医の間では、HIVに感染した場合でも、免疫が著しく低下しない限り治療の必要はなく、日和見感染症(健康な動物では感染症を起こさないような病原体(弱毒微生物・非病原微生物・平素無害菌などと呼ばれる)が原因で発症する感染症)が発症しない限り、患者の活動を制限する必要はないとするのが一般的見解であり、通常は、スポーツ、激務または仕事ゆえに免疫が低下するということはないようです。

 少なくとも専門医の間では、HIV感染症は、現在では既に共存可能な慢性疾患ととらえられ、免疫が著しく低下しない限り、HIV陰性者と同様の活動をすることに何ら支障はないと考えられ、また、HIV感染症患者の中には、長期未発症者(治療に関係なく免疫低下をきたさない患者)が存在することから、いつ、どのような活動を差し控えるべきかという問題は、免疫が著しく低下してしまった場合に、日和見感染症の危険を考慮しつつ、主治医のアドバイスに基づいて、患者本人が決めるべきことであるとされています。

 

 こうした知見を受けて、労働省(当時)保険医療局エイズ結核感染症課(当時。以下同じ。)は、HIV検査の実施において本人の同意なく実施していた事例がみられたことから、平成5713日には既に、各都道府県・各指定都市衛生主管部(局)長あてに課長名で、「HIV検査の実施について」と題する通知を発し、以下の事項等につき管下関係機関の指導を要請しました。

(ア) HIV抗体検査実施にあたっては、人権保護の観点から、本人の同意を得て検査を行うこと。検査結果の取扱いについてはプライバシー保護に十分注意すること。

 (イ) 医療機関において、HIV検査を実施する際には、①患者本人の同意をとること、②検査前及び検査後の保健指導あるいはカウンセリングがなされること、③結果についてプライバシーが守られること、④HIVに感染していることが判明した患者・感染者に対し、検査を実施した医療機関において適切な医療を提供するか、やむを得ず対処できない場合には、他の適切な医療機関へ確実に紹介すること

 (ウ) HIVは、日常生活においては感染しないことから、就学時、就職時のHIV検査は実施しないこと

 

 さらに、労働省労働基準局長及び職業安定局長は、平成7220日、各都道府県労働基準局長及び各都道府県知事あてに「職場におけるエイズ問題に関するガイドラインについて」と題する通達(以下「ガイドライン」)を発しました。

 これは、職場におけるエイズ問題に関する方針を作成する上で参考とすべき基本的考えを示したもので、概要以下の内容です。

 (ア) 職場におけるHIV検査は、労働衛生管理上の必要性に乏しく、またエイズに対する理解が一般には未だ不十分である現状を踏まえると職場に不安を招くおそれのあることから、事業者は労働者に対してHIV検査を行わないこと。

 (イ) 事業者は、労働者の採用選考を行うに当たって、HIV検査を行わないこと。

 (ウ) 事業者は職場において、HIVに感染していても健康状態が良好である労働者については、その処遇において他の健康な労働者と同様に扱うこと。また、エイズを含むエイズ関連症候群に罹患している労働者についても、それ以外の病気を有する労働者の場合と同様に扱うこと。

 (エ) HIVに感染していることそれ自体によって、労働安全衛生法68条の就業禁止に該当することはないこと。

 

 そして、同通達と一体となるガイドラインの解説は、ガイドラインの上記(ア)について、①日常の職場生活ではHIVに感染することはないことから業務上のHIV感染の危険性のない職場においてHIV検査を実施する労働衛生管理上の必要性に乏しい、②社会一般のHIV及びエイズに対する理解が未だ不十分であり、職場におけるHIV検査の結果、職場に不安を招くといった問題が懸念される、③HIV感染の有無に関するプライバシー保護について、特別の配慮を要し、本人の同意のないHIV検査を行った場合にはプライバシーの侵害となり、また、本人の同意を得て行う場合であっても、真に自発的な同意を得られるかの問題がある、と説明しています。

 また、ガイドラインの上記(イ)について、HIV感染の有無それ自体は、応募者の能力及び適性とは一般的には無関係であることから、採用選考を目的としたHIV検査は原則として実施されるべきではない、と説明しています。

 

 そして、裁判でも、警視庁警察官採用試験に合格し、警視庁警察学校への入校手続を終了して警視庁警察官に任用された男性が、東京都に対し、同警察学校が任用後無断でHIV抗体検査を行い、この検査結果が陽性であった男性に事実上辞職を強要した等の行為が違法であるなどとして、損害賠償を求めた事件について、東京地判平成15528日判例タイムズ1136114頁は、労働者の採用時におけるHIV抗体検査はプライバシー侵害にあたり、検査の実施に客観的・合理的必要性があり、本人の承諾がある場合に限り違法性が阻却されるが、警視庁警察官に採用された者が採用時に同意なくして、合理的必要性も無いHIV抗体検査を受けさせられたことに、陽性との結果を示されて辞職を勧奨され辞職に至ったことは、違法な公権力の行使であるとして、賠償責任を認めました。

 この東京地判は、「HIV感染症に関しては、ガイドラインが作成された当時の平成7年当時以降も、現在に至るまで、・・・病態や感染の経路等について社会一般の理解が十分であるとはいえず、誤った理解に基づくHIV感染者に対する偏見がなお根強く残っている」と指摘しているのですが、今回の札幌地裁の事件は、今なお、しかも、専門的知識を有するはずの医療機関においてでさえ、そうした誤解や偏見が残っていることを示したといえます。

 

 HIVに限らず、当初のイメージのまま、その後の状況の変化や医学の進歩を受け容れることなく、不当な差別等を生じさせることは他にもありそうですし、避けなければなりません。

最新情報

2019.11.19

「沢尻エリカさん逮捕は安倍政権の陰謀??」

2019.11.18

賃金等請求権の消滅時効について【最終話】

2019.11.13

「池袋暴走事件-被疑者を逮捕しないのはおかしい?」

2019.11.11

賃金等請求権の消滅時効について【№2】

2019.11.06

賃金等請求権の消滅時効について【№1】

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

2019年1月

2019年2月

2019年3月

2019年4月

2019年5月

2019年6月

2019年7月

2019年8月

2019年9月

2019年10月

2019年11月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 働き方改革 カスハラ 甲斐野弁護士 セクハラ パワハラ 悪質クレーム タトウー 令和 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 うちの女 中井弁護士 小室不倫 小室引退 悪質フレーム 新潟・山形地震 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 北海道神宮 匿名加工情報 危険運転致死傷罪で有罪判決 周南事務所 市川海老蔵 急性咽頭炎 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 東名高速のあおり運転での死傷事故 歌舞伎座『七月大歌舞伎』 甲斐野正行 IT裁判 IT 相続法制の見直し 神奈川県警人工知能AI 福井県の公安委員会 福井県道交法施行細則の規定に違反 細則16条3号 細則の合憲性 罪刑法定主義・明確性の原則 裁判手続のIT化 運転操作時の服装 預貯金払戻制度 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 KADOKAWA Microsoft Teams NBAのドラフト会議 「エースをねらえ」 「令和」を商標登録 あおり運転死亡事故 かわいがり はい、終わり アヲハタ インディアンスロゴ廃止 イータック カープ優勝 ガキ使  ゴンザガ大学 サクラ セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ドライブレコーダー ヌーハラ ハコヅメ~交番女子の逆襲 バイクあおり事故 パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- リクルートキャリア ワシントン・ウィザーズ 世界の終わりに柴犬と 二岡康平選手 交通事故(事故車について) 佐々木朗希投手 修繕義務 修道学園OB 個人情報保護 個人情報保護法 債権法 僧衣を着て車を運転 入城400年記念 広島浅野家の至宝 ―よみがえる大名文化― 八村塁選手 加害男性を懲役16年 医師応召義務 危険運転致死傷罪 商号 商標審査基準 商標法3条1項6号 商標登録 埼玉県人にはそこらへんの草でも喰わせておけ! 夏の甲子園岩手県大会 大デュマ 大坂なおみ 大船渡高校 天満屋女子陸上部 山縣亮太選手 巌窟王 差別 常磐自動車道で発生したあおり運転殴打事件 平成 広大 Ai導入 広島大学大学院 医歯薬保健学研究院の二川浩樹教授 広島県立美術館 強制わいせつ罪 抗菌化スプレー 支払義務 改正個人情報保護法2条 攻殻機動隊 文部科学大臣表彰 昭和 最速163キロの速球 朝日新聞 札幌地裁エイズウイルス(HIV)感染 東京オリンピックのマラソン日本代表選考会 東京高裁昭和39年6月29日判決 東名高速交通事故 根保証 毎日新聞 民事裁判手続のIT化 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律 民法611条1項 法務局における遺言書の保管等に関する法律 泰三子 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 石原雄 福井県警 福井県道路交通法施行細則の服装規定 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 緒方監督パワハラ 線維筋痛症 翔んで埼玉 行動ログ 衣服規制削除 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 谷本観月選手 賃貸借契約 身元保証 運転操作に支障がある衣服 過労死 遺留分の見直し 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする 麻美麗 3連覇 4コマ漫画 Ai CT JKと柴犬のハルさん MGC出場資格 MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 根石 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png